『介護プランナー』を全国で45名募集します!

少子高齢化のもとで生産年齢人口の減少がさらに進む状況下において、
労働者が働き続けながら育児や介護を行なうための雇用環境を整備していくことが必要となります。

独自にそのような環境整備を実施することが困難な中小企業に対し、
平成29年度「中小企業のための育児・介護支援プラン導入支援事業」を実施します。
本事業は厚生労働省より、株式会社パソナが受託・運営いたします。

介護支援モデルプラン(※)をもとに、中小企業に対して実情に合った介護支援プランの策定を支援するとともに、
中小企業事業主を対象とした労務管理に関する本事業周知セミナー等において、
労働者の介護休業取得及び介護休業からの職場復帰等に関する相談を受け対応することにより
中小企業で働く労働者の方の仕事と介護の両立支援への取り組みを促進します。

本事業では、事業の趣旨を理解し、中小企業における仕事と介護の両立支援環境の整備を支援する専門家を
「介護プランナー」として全国で45名を募集・養成し、
平成29年度中においては全国で約3000社の支援の実施を予定しております。

※参考:介護支援プランについて
厚生労働省ホームページ:
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyoukintou/ryouritsu/model.html

■活動期間:平成29年6月1日~平成30年3月9日
※但し、中小企業への支援活動は平成29年6月3日以降実施

■プランナー養成研修:平成29年6月1日(木)・6月2日(金)の両日参加必須
※東京にて実施される集合研修にご参加いただく必要があります。
下記同様の委託料・宿泊費・旅費の支給等あり。詳しくは下記応募要領をご覧ください。

■活動目安:1日6時間程度、月4日~6日程度
※企業申込により活動ブロック外の都道府県への遠方支援をお願いすることがございます。
※平成29年度育児プランナーに応募、兼任される場合、最低月8日間の活動日を確保できることが条件となります。

■委託料:1日14,000円(別途、活動にかかる旅費の支給有)

■応募締め切り:平成29年4月28日(金)17:30到着分まで受付
※17:30を過ぎた応募に関しましては、無効とさせていただきます。

■応募方法は下記応募要領をご覧ください。